NLP(実践心理学)

お金に関する無意識の制限を知る【NLPマネークリニック】

投稿日:

私は先日、お盆休みを利用して5日間の「NLPマネークリニック・トレーナーズ・トレーニング」というものに参加してきました。

そして晴れて「マネークリニック・トレーナー」となりました。

マネークリニックとは、お金と深層心理の関係にある無意識の思い込み(ビリーフ)を探り、それを別な刷り込み(インプリント)に変えてしまうという驚異のメソッドのことです。

これが出来れば、プロコーチとしての卓越性が出る上に、自身の人生にも良い影響をもたらすのではないか?と考えました。

お金に関する無意識の制限を知る【NLPマネークリニック】

開発者のティム・ハルボム氏とクリス・ハルボム氏はNLPの最高位に属する方々です。

コーチとして活躍するために欠かせないのが、クライアントの無意識レベルのビリーフを探る技術です。人は様々な制限をかけていきています。

この制限があるうちは、クライアントは大きな変化をもたらせられません。

自動車の運転に例えるなら、ブレーキを踏んだ状態だからです。

どれだけ、未来に希望を持ってアクセルを踏んでも、ブレーキを踏みながらだと少ししか前進出来ないどころか、ブレーキを踏むパワーによっては全く進まないでしょう。

NLPでいうコーチングは、アクセルとブレーキの関係性で成り立ちます。

ビジョンというゴールを設定し、スピリチュアルに自身のアイデンティに気付き、目覚めても心がブレーキをかけるのです。

「無意識のバリア」とも例えられます。

もし、あなたがお金に関しても無意識にブレーキやバリアを張っていたら、経済的な制限のなかで身動きを取ることは困難でしょう。

なぜなら、経済的に成功するための努力を無意識が止めてしまうからです。

お金に対する制限になるビリーフの例

お金を稼ぐには、必死に働かなければならない
お金の管理は難しいので、私はお金持ちになることはない
お金を稼ぐにはお金が必要
私の人生、裕福になるには少し遅すぎた
私にはお金持ちになれる気がしない
私の両親は成功してないので、私も成功できない
私はお金を得る価値がない(なぜなら私はダメだから)
お金を簡単に稼げる魔法を私は持っていない
お金を沢山得るということは、自由を犠牲にすることだ
お金があり過ぎてもつまらない
私が沢山稼いでしまったら、同僚や近所の人々の威信に傷付けてしまう

 

人は、このように制限となるお金のビリーフを持って生きていることがあります。

ちなみに、私も幾つか当てはまります。

こうした種類のビリーフを持って、果たして幸せに多くのお金を稼ぐことは可能なのでしょうか?

「精神の状態が貧乏に向かっているのではないか・・?」

「豊かさ」と「お金」は密接に関係しています。

これがNLPマネークリニックという題名になった所以です。

どこからお金に関するビリーフが生まれたか?

それらの多くは幼少期に作り上げられるといわれています。最初に吸収する考え方は、両親・家族との関係性です。家族が貧乏気質なのであれば、子供にも貧乏気質が備わる。

このメカニズムは何となくわかりますよね?

子供の頃に裕福な家庭で育った子供は、お金に対して執着はありません。「いつでもどこでもお金は入ってくる」そう思っているかもしれません。

実際に、金持ちの子は金持ちになり、貧乏な子は貧乏になる。確率の問題ですが、このような傾向はあります。

これ等は、幼少期からの精神的な刷り込みが元で起こる事象です。

幼少期~子供時代にかけて「ちゃんと働かない(手伝いをしないと)と食べてはいけないぞ!」と言われていれば自ずと「働かざる者食うべからず」というビリーフが入るでしょう。

または、「絶対に成功することはない」と言われてきたのであれば、「私なんかが、お金持ちになるはずはない」というビリーフを持ち続けて生きてきたかもしれません。

ビリーフには、このようにマイナスな影響を与えるものもあれば、プラスな影響を与えるものもあります。

例えば、「うちの子は、やればできる子なのよ」と言われて育てば「本番に強い人(子)」となっているかもしれません。幼少期の出来事は我々が考える以上に、人生を形作っています。


制限となるビリーフの見つけ方

制限となるビリーフの見つけ出すことが最初のステップになります。

制限になるビリーフが存在することを示す重要な要素が「感情」です。そのビリーフに近い状況になると怒りや、不安、悲しさの感情が生まれます。トレーニング中も女性で泣いてしまう方が続出しました。

男性はさすがに泣いている人は居ませんでしたが、怒りの感情が出て顔が赤らんでいました。嫌な思い出であったり、不都合な状況を思い出すとイライラや落ち込みを感じたりします。

そのような感情が表に出てきたら、チャンスです!

次の質問を駆使して、ビリーフを特定します。

ビリーフを創出するための質問事例

お金とあなたの関係を作り上げたポジティブな出来事、ネガティブな出来事は何ですか?
あなたの両親とお金の関係は、どのようなものでしたか?
(文章を作ってください)「私の父(母)のお金についてのビリーフは〇〇だと思う」
両親のビリーフがあなたに与えた影響は?
(文章を完成させてください)「今、私は自分が望む金銭状態にある〔ない〕。なぜなら・・
あなたが欲しいと思うだけのお金を手に入れる、または作るためにしなければならないことは何ですか?
あなたが欲しいと思うほどのお金を手に入れることから、押し留めているのは何ですか?

 

両親のことを中心に聞いていきます。これは、この辺りにビリーフが隠れている可能性が高いからです。

会話の中から、制限のビリーフとなる言葉を創出するのがマネークリニック・トレーナーの技術です。

そして、最後にそれを今度は力づけのビリーフ(言葉)に変えて刷り込みます。

ビリーフ「お金に嫌われているのでお金が逃げていく」

力づけのビリーフ「お金に好かれてるので、居るだけでどんどんお金が入ってくる」

これは、私のビリーフです。

子供時代の無意識レベルでの刷り込みですので、子供も使うような表現になっています。

まとめ

ビリーフを変えるワークは掲載出来ませんが、どんなことなのかは理解して頂けたと思います。

人は無意識に自分に制限をかけて生きています。

でも、実は肯定的な意図が裏側にはあります。そのビリーフを持ち続けたことで大きくマイナスに作用はしているのですが、持ち続けることで自分を守ろうとしていた可能性があります。

それらを認めてあげるのです。

質問の中で、気付きを与え肯定的な意図を考えてもらう。そんな作業がビリーフを変えるワークです。

新しい力づけのビリーフを得れると、心に躍動感が出ます。不思議なくらい、何でも来い!の気持ちになるものです。

これらを日本で教えて頂いたティム・ハルボム氏とクリス・ハルボム氏に尊敬の念を込めまして終えます。

このマネークリニック・トレーナーという全米NLP資格は、日本では2年に一度の開催になります。世の中に需要にマッチしたセミナーですので、興味のあるかたは2021年になりますがお薦めです。

参考文献:Tim Hallbom and Kris Hallbom  Thewealthymind


マネークリニック関連記事↓↓↓↓↓

【普遍の変化】人生には7つの周期があるって知っていましたか?


ポチっと応援お願いします(^o^)丿

Copyright© 【森友流】店長力向上のすゝめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.