店舗運営テクニック

業績やモチベーションが上がる朝礼方法とは?

投稿日:2019年6月8日 更新日:

モチベーションが上がる朝礼とは?

朝礼を制する店長が店舗の業績までを制す!

店長代理
サスケ【新任店長】
森友さん!毎日の朝礼ネタを探すのが大変です!何かいい方法は無いですか?
森友ゆうき
森友
わかりました! では、今度店長になるサスケさんに私の編み出した秘伝の朝礼方法をお伝えします。

今日は、その朝礼について主役を店長にしないことで従業員のモチベーションを劇的に変えようという話です。

皆さんの会社の朝礼はどんな朝礼をされていますか?

会社でフォーマットがあると思いますので、その通りやっている店長が多いと思いますが、その上で何か独自のこだわりを持っている店長は、きっと業務が順調なのではないでしょうか?

なぜ、そう思うのか?ですよね。

これまで1000人以上の店長を見て来て、店舗のレベルの高低と朝礼の内容の高低は、ほぼイコールであることに気付いたからです。

朝礼を制すると従業員のモチベーションが劇的に変わり、業績にも影響すると断言します。

ポイントは、主導権を店長が持たないということです。

朝礼は店長が行わないで社員にやらせてあげる

退屈な朝礼にサヨウナラ

店長が社員にやらせるのではなく、やらせてあげます(暖かい目で)

店長が仕切りたい気持ちもわかりますが、従業員のモチベーションの高い店の特徴は「従業員が能動的に動く店」です。これで店長の威厳は消えません。むしろ、任せてくれる素敵な店長になります。

「店長が朝礼を仕切るべき」という概念から抜け出せない店長は、一度行動を変えてみてください。

店長は締めの一言。モチベーションを意識する

店長は締めの一言に集中します。

ここでバシッと決め台詞もいいですが、どちらかと言うと今日の朝礼内容について賛同するスタンスの表現を言うことです。たとえ、微妙な内容であったとしても・・

朝礼を仕切った部下は、ほっとすることでしょう。そして、次はもっと良い内容を伝えたいと考えます。

これが部下が能動的な状態です。

ここで、否定をしてしまっては部下が萎縮して、「つぎ改善しよう!」とは思わず、「否定されないように朝礼を纏めよう」と考えます。

楽しさも何もありません。最悪な状態です。

でも、なかには「仕事なんだから、個人を尊重するよりお店に正しい情報を伝える方が何倍も大事だ!」という意見もあるでしょう。

間違った情報であれば、訂正すべきです。心配であれば朝礼前に情報が間違っているかどうかは事前に店長が確認したらいいだけです。

あくまで、多くの人は個人の尊重があって仕事を前向きに進めようと思います。

「仕事だから・・の前に、自分が尊重されているか?が最も大事です」

ですから、店長は締めの一言で全体を認め、賛同した中で「皆でお店を盛り上げよう!」と締めるのが良いでしょう。みるみる部下が動き出しますよ。

朝礼の基本の確認

ここで、念のため基本的な朝礼スタイルを以下に記します。

  • スローガン、社是の唱和
  • 昨日の売上報告、部門別売上
  • 月度売上差異
  • 伝達事項
  • 今日も頑張りましょう!で締める

これでは頑張れませんね。ただ、これが多い形です。「いらっしゃいませ」の唱和も、カラ元気でしかありません・・

【補足】3分でイキイキとするGood&Newをご存知ですか?

従業員のモチベーションを上げる

1か月前の記事ですが、これも使えます。

上記のような在り来たりの朝礼だとしても、効果ありです。

ただ、毎日行うのは推奨しません。ほどほどにしないと飽きるからです(笑)

週1回月曜日など「ムードを上げたいな」と店長が思った時に、3分だけ取り入れてみてください。

 

関連記事⇒【Good&New】朝礼のテーマを変えて暗い従業員もモチベーションを上げよう!

 

店長はもう、朝礼ネタを考えなくて良い

店長が朝礼をリードしない

部下が朝礼を行いますので、店長はネタを考えなくて良いです。

拍子抜けした感じがするでしょうか?

私も今まで色々ネタを考えてきましたが、一番響いた効果的だった形が、店長側がリードしないという方法です。

これは、一時的には店長自身がやった方が気合入ります。そういう勉強をしているのもありますが、気合いをいれようと思えば入れられます。

でも長期的にみると違ったのです。

朝礼の情報は事前に部下に伝えますし、終わるたびに何が良かったかは個別でも伝えたりしました。

これも最初だけで、動機付けされた部下は自分でPDCAを回し始め、日に日に良くなっていきます。

朝礼をやらせるのは1人だけですか?

店長代理
サスケ【新任店長】
これ、使えそうです!私も今の店長が不在時に朝礼を自分で組み立てられるようになってお店全体を考えて仕事をするようになった思います
森友ゆうき
森友
そうですか!考えて仕事してるなぁと思えると俄然楽しくなりますよね!

朝礼を行うのは、副店長など2番手に限定しない方が良いでしょう。それでは、店長が行っているのと大差ありません。

出来れば主力3~5人くらいを持ち回りで行うのが良いと思います。

どんな内容の朝礼をするかも、本人たちに考えさせます。助言はしても、し過ぎないことです。「やらされ感」になったら元も子もありませんので。

まとめ

秘伝の朝礼方法は、店長自身が朝礼の主役にならないこと!です。

お店は、店長力が大事です。

でも、この店長力を間違った形で使って威厳を保とうと努力すればするほど、部下の気持ちは離れていきます。

なかには、カリスマ性で乗りきる店長も居ますが、優秀な部下に支えられているだけです。

仕事のモチベーションが上がらない組織の原因は「やらされ感」です。間違いありません。

正しい、正しくないのではなく「やらされている」と感じるのであれば、つまらなくなって当然です。だからパートも社員も辞めたくなるのです。

朝礼を制する店長がお店の業績まで制します。部下を頼り、思い切って任せてみてください。そして、承認するのです。

そんな店長、素敵だと思いませんか?

 


関連記事⇒初めて店長になる人が失敗しやすいこと4選

 

Copyright© 店長力向上のすゝめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.