NLP(実践心理学)

コーチング・ティーチング・カウンセリングの違いは何か?

投稿日:2019年5月22日 更新日:

ティーチングとコーチング、カウンセリングの違い
ダメ店長
店長
ティーチングとコーチングかぁ。大体はイメージ湧くけどどう違うんだ?
森友ゆうき
森友
はい、ではティーチングとコーチング違いの説明から行います。そして、次にカウンセリングとの違いの説明も行います。

このブログで得れるもの

1⃣ティーチングとコーチング、カウンセリングの違いが知れる

2⃣ティーチングとコーチングの割合が知れる

3⃣コーチングで素人が扱わない領域が知れる

その前にNLPの説明を少々。

題名にあるNLPを一言でいうと、自分の脳を使いこなして生き方を変える究極のコミュニケーション技法のことです。

NLPは日本語では神経言語プログラミングと略になります。私は現在、会社内で研修講師を行っており、NLPのマスタープラクショナーです。NLPを使いながら講義やコーチングを行うことで受講者に劇的な変化を与えることが可能です。



ティーチングとコーチングの違いとは?

サイト運営者「森友ゆうき」 

国内小売業の最大手に勤める44歳のサラリーマン。仕事は店長を育成する講師。育成人数は年間100人を超える。過去に店舗運営で店長やエリアマネージャーを経験したことに加え「NLP」いう心理学に大胆に自己投資し、人生が好転する。過去に人前での過緊張が大きなトラウマとなり、社内活動を制限していた隠れコミュ症。現在は克服し、社内でトップマネジメント層を育成できる唯一無二のセミナー講師として不動の位置を確立している。そして今年1月に長女が生まれ、安定を望まれる時期ではあるが、「世界一店長を幸せに出来るセミナー講師」として起業しようとブログ挑戦中。

図で解説

店長が幸せになるための武器①ティーチングとコーチングの違い

引用元:コンサル白書

ティーチングとコーチングの違いは、教えるか引き出すかの違いです。

これを聞くと「知ってること」と思う人もいるでしょうが、以下を聞いてみてください。

ティーチング

ティーチングは一方通行での指示になります。これを聞くと、良くない行為のように思いませんか?

違います!

これは、とても大事です。上司から指示があって、部下が指示を全うして仕事が前進していきます。そのため、ティーチングは絶対不可欠なものです。コーチングを理解しようとするとこの罠にハマります。良い行為です。

店長やエリアマネジャー時代では全体の8割はティーチングの会話にしています

例えば、今日入った新人さんに教える場合はティーチング。作業指示で埋め尽くします。

入社3年目の社員にはどのように今日は作業を行うか?を先に聞くためコーチングから入ります。先に指示を行う(ティーチング)場合もあれば、コーチングする場合もあります。

コーチング

コーチングの語源で一般的なのは、「馬車」だといわれています。「大切な人を、その人の望むところまでお連れする」といった意味が入っています。

目標を達成するためであったり、自己実現を手に入れるまでご案内する人のことをコーチと呼びます。10年前くらいから、コーチやコーチングという言葉を耳にするようになりましたが、この意味をちゃんと理解している人は一流企業でも極少数です。

それは、学んでないことが大きな理由ですが、本を読んで知った気になっている、もしくは完全に勘違いをしている人達があまりにも多いのが現実です。

コーチングのポイントは、行きたい場所への答えは「相手」が持っているということ。

コーチは、双方向のコミュニケーションを通して相手の自発的な行為を促し、気付きと学びを起こさせ相手の未知なる能力や可能性を一緒に見つけていきます。

コーチの質問によって様々な視点を差し出すので、相手の頭の中に変化を与えます。ここで生まれた気付きをさらに聞き出し、コーチが承認することで受けた側のモチベーションも向上します。

コーチングを行うときに大事なことは、コーチ自身が慢心しないことです。あくまで相手に答えがあるので、答えを導くまでには間があります。ここで上司が導くための余計な助言を言ってしまうのが「あるある」です。

コーチングはある程度時間がかかることを意識しましょう。



ティーチングとコーチングの違いまとめ

ティーチング

  • 知識や技術のある程度ある人が、無い人へ指導する
  • 答えはティーチャーが持っている
  • 答えを貰うためのコミュニケーションが前提である

コーチング

  • 様々な切り口の質問で相手から「答え」を引き出す、本質を呼び覚ます
  • コーチとのコミュニケーションを通じて自分に対する気付きや学びを深める
  • 自分の中にある「答え」を導き出す
  • 欲しい結果へのアクションプランを相手と共に練る

コーチングとカウンセリングの違いとは?

よく勘違いしてしまうのが、「カウンセリング」との違いです。会社でも「カウンセリング」と使うかも知れませんが、それは普通の「面談」や「評価返却」のことを指したりしています。

NLPや心理学では全く違う考えです。

カウンセリングは心のゼロラインまで引き上げること

コーチングとカウンセリングの違い

セラピストや心療内科で行う領域がカウンセリングです。

仕事の面談や、評価返却の時間ではありません。

中央のゼロラインより下にいる人は、その時の悩み、不安、問題を抱えています。その人に向かってコーチングをするのは非常に危険です。

ここはプロの領域ですので、店長であればエリアマネジャーと本部の人事部に伝えておく必要があります。でも、一つだけやれることがあるとすれば、「傾聴」です。傾聴も相槌と頷きであり、助言・アドバイスではありません。

  • 上司:最近、疲れているみたいだけど何かあった?
  • 部下:実は、、最近眠れないんです。
  • 上司:(深く頷きながら)そうなんだ・・最近眠れないんだ・・それは辛いよね‥何時頃まで寝れないの?差し支えなければ教えてよ
  • 部下:はい、、朝5時くらいまで起きています
  • 上司:そっかぁ・・朝5時!まで起きているのか・・

このように、同じ言葉をオウム返し(バックトラッキング)しているだけです。助言したくなりますか?相手から求められてもしないことです。「そっか‥睡眠は専門じゃないからね‥」と。でも話はちゃんと聞くよのスタンスです。

過去の関連記事↓↓↓

NLPバックトラッキング 速攻で調和する会話術

カウンセリングとコーチングの違いまとめ

上図のコーチングの領域は、ゼロラインより上を指します。反対にカウンセリングはゼロラインより下です。

店舗運営などで扱う領域は、ティーチングとコーチングになります。紛らわしいので「カウンセリング」という表現は使わず、評価返却であれば「評価返却」と。面談であれば「定期面談」とそのまま表現すべきです。

どのラインから、ゼロラインより下か?は明確にはお伝え出来ません。でも寝れないという表現は、少しゼロラインより下な場合が多くあります。その時に「こうしたら寝れるよ!」と言ってしまう無知な上司は危険です。

まとめ

いかがでしょうか?

ティーチングとコーチングが店舗運営で行う領域です。そして割合はティーチング8割、コーチング2割です。ここに厳密になものは何もありません。答えを持っているのは相手ですから、相手の反応が全てです。

多くの店長がティーチングとコーチングを使い分けられてスタッフを目標達成に導くことが出来ればどれだけ幸せな空間になることでしょう?

働きながら前進させてくれる店長に尊敬の念とこの人について行きたいと心の底から思うのではないでしょうか。

関連記事↓↓↓↓↓

【店長向け】ティーチング最強説濃厚



 


私が学んだNLPはここです。NLPジャパンラーニングセンター(東京都千代田区)

敷居が高い金額のため、2日間で29000円(税抜)で受けれるコーチングスクールもあります。私はここも受けました。

最短2日間でコーチ認定が得られる!
クリス岡崎MOVEコーチング認定講座



 

ポチっと応援お願いします(^o^)丿

Copyright© 【森友流】店長力向上のすゝめ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.