人気ブログランキング【店長部門2位】

いつも応援して頂きありがとうございます。

店長の仕事が好きなら人生楽しい|内発的動機付け|1万時間の法則

投稿日:

店長業務

店長の仕事が好きなら人生楽しい|内発的動機付け|1万時間の法則

森友ゆうき
森友
こんにちは。森友ゆうきです。皆さんは、一国一城の主である店長業務を楽しめていますか?

楽しい!といえる人はこの魅力に惚れ込んでいることでしょうね。

上司というエリアマネジャーは居ますが、常にいる訳ではありませんし基本的には自由です。

会社の資本で自由に経営者感覚を養える最高の舞台です。

まさにゲーム感覚です。

オーナー社長が店長を兼任しているのであれば資金繰りに四苦八苦することも考えられますが、チェーン店で働く店長が楽しいと言える環境にいるのは最高の環境だと推測します。

でも多忙であることも理由ですが、今働く多くの店長が今現在で楽しい!と言えてないというのも一方であります。。

実にもったいない。

店長を卒業し、本部社員になって数年経ってから振り返ると、店長時代のあの時が一番楽しかった!と言っているのをよく耳にします。

あの時は良かった

なんか不思議な現象だと思いませんか?

 

今楽しいと思えないのに、数年後に振り替えると楽しいと思う。

楽しいはずなんですけどね。。

ダメ店長
店長
前は楽しいなんて考えたことなかったけど、今は楽しいと思える
森友ゆうき
森友
それは良かったです!本来、店長は楽しくて仕方ないものだと私も思います

仕事が好きなら人生は楽しい。

あたりまえのことに方法を加えてご説明します。

 

内発的動機付けが自主性を生む

動機付けには、大きく分けて2つあります。

外発的動機と内発的動機。

外発的動機?

外発的動機付けとは給与アップや昇進、周囲からの賞賛などです。

内発的動機付けとは、文字通り自分の内側から出るやる気のことです。

モチベーションとも言いますね。

最初は外発的に上司から褒められただけだったのですが、嬉しくなりもっと褒められたくなる。

次も褒められると更に褒められたくはなるのですが、同時に自信がついてきます。

そして「出来て当然」というエネルギーが湧いてきます。

店長業務であれば、売上が上がりキャンペーンでも上位に位置すると次からも、この店は上位で当たり前の意識に変わりますよね?

そして下位になることは自己否定されているのと同じですから、プライドをかけて上位になろうと努力します。

それはもう褒められたいというモードではなく、内側から湧き出る情熱です。

これが内発的動機です。

そして、下位から皆んなで頑張って上位に返り咲いた‥

それに従事していたスタッフも喜んでいる。

こぶた
こぶた
やったーっっ!!

店長は誇らしくなります。

ダメ店長
店長
皆んなのおかげだよ!おめでとう!!

良いチームに変わっていきます。

この内発的動機付けによって、自主性が生まれてスタッフから店をより良くしたいとアイデアが出るようになれば、もはや店舗運営としては勝ったようなものです。

 

1万時間の法則で店舗運営のプロフェッショナルになろう!

1万時間の法則の説明

1万時間の法則というのはご存知ですか?

1万時間集中して物事に取り組めば、プロフェッショナルになれるというものです。

社員は1年間で働く拘束時間はおよそ2000時間です。

これが5年で1万時間になります。

店長代理
サスケ【店長代理】
私は入社5年目ですが、プロではないですよ‥

そうですよね。

単に5年やればプロになれるなんてありませんよね。

これは没頭すれば、超集中すればの話です。

フロー状態とか、ゾーンに入っているとか言いますがその域で1万時間です。

森友ゆうき
森友
私も5年間ブログを頑張れば、プロフェッショナルの仲間入りするのではないかとワクワクしています。

店舗運営でも同様です。

ワクワクしながら没頭してマネジメントを行えば、十分にプロフェッショナルに近付けるでしょう。

そのためにムダな時間やムラの無い効率よい作業を繰り返す必要がありますね。

そして、通常業務以外に人間性を高めるために自己育成したり、スタッフの信頼感を得る努力も必要ですね。

 

仕事が楽しい!という”幸せな店長”の下で働く部下は幸せを感じやすい

ダメ店長
店長
店長として嬉しいのは部下が育って買上客数前年比も上回って、お店が繁盛し出した時かな。

店長が仕事が楽しいと思えていると、部下も自然と楽しくなるものです。

独りよがりになってないかは理解する必要がありますが、楽しいとか幸せだと思う感情は伝染するものです。

こぶた
こぶた
店長が幸せそうだとボク達も嬉しくなります。

店長自身が幸せになることで部下も幸せになる。

基本的に私はこの考え方を持っています。

逆に店長が不幸そうなのであれば、助けたいと思う部下もいるでしょうがなかなか困難なものです。

それだけ店長というポジションは影響を与えます。

森友ゆうき
森友
過去に記事で取り上げた内容がありますので、見てくれたら嬉しいです。

店長が幸せになるための3つの法則とは?   

 

まとめ

仕事が好きなら人生楽しい!

高校や大学を卒業し20歳~70歳くらいまで働くのであれば50年間です。

人生100年時代と言われますので約半分の生涯を仕事に捧げることになります。

単純な話なのですが、仕事が人生を左右させるというのが事実です。

ポイントは2つです。

内発的動機付けによって、モチベーションを向上させること

1万時間没頭するくらい業務に励むこと

そのためには、自己育成も必要です。

もし今、幸せを感じれていないとしたらこのブログにある内容を読んで1つでも実行してみてください。

どうせなら、日本一魅力的な業務に私たちの手で変えたいと思います。

店長業務には、その要素が多分に存在します。

そして、今楽しいといえる店長はより部下に魅力を伝えてあげてください。

そんなあなたに憧れる人は必ず出てきます。

Copyright© 店長が幸せになるための武器 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.